卒業記念品について 種類や傾向、人気の商品について

                  
平成29年10月23日(月)更新

通常卒業記念品用印鑑 名入れ 卒業記念印鑑 桐箱付き卒業記念品印鑑 卒業記念品用ギフトボックス 卒業記念品について



卒業記念品とは

 卒業記念品とは学校を卒業する際に学校またはPTAから学校の卒業を記念して粗品を贈るという風習があり、その粗品を卒業記念品と
呼んでいます。


卒業記念品の最近の傾向

今までの卒業記念品は将来大人になってから必要になってくる印鑑・はんこが主流でしたが、近年様々な商品が卒業記念品として取り扱われて
います。
その背景には名入れの技術が向上したことがあげられます。商品に学校名や卒業年月日を彫刻・印刷することが出来るようになったことで、
名入れ出来る商品が卒業記念として販売・取り扱えるようになりました。


卒業記念品の種類

卒業記念品の種類は値段により様々ありますが、最近ではペンやタンブラー、時計やオルゴールなどが人気の様です。
その他にもキーホルダーやタオル、ハンガーなんてもの販売されています。
いずれも学校名や卒業年月日を名入れするものが主流です。やはり時代とともに学生の需要が変わってきて、大切なときのみに必要な
印鑑から普段からよく使用できるものにシフトしているように思います。
また部活単位で卒業記念品を発注される学校もあるようで、中でも野球部などの球技では使用するボールに名入れをして記念品として渡す
サービスもあるようです。


卒業記念品の金額

金額はやはり予算的に安価なものが多く販売されています。500〜1,000円がお求めやすく良く出るのかもしれませんが、付加価値が付いた
商品では高くても需要があるように思います。

一部消耗品にも卒業記念品として販売されていますが、贈る側とすれば長く使ってほしいですし、使うたびに学校の思い出に浸って
もらいたいという思いがあると思いますので、卒業記念品には長く使用出来る商品が好ましいと思います。


卒業記念品を使用する学校

学校は小学校・中学校・高校・専門学校・短期大学・大学とあり専門学校以外ではどの学校でも卒業記念品はよく渡される様ですが、
小学校・中学校・高校はPTAから贈られることが多いようです。大学だけはPTAが学校活動にあまり関わらない風習から卒業記念品は
学校から贈る場合が多い様です。


学校から生徒だけでなく、生徒から先生へ贈ることも

卒業記念といえば学校やPTAから生徒へ贈る場合がほとんどですが、先生への感謝を込めて生徒から先生へ贈ることも最近の
傾向としてあるようです。卒業に関わっていただく3年生の先生への思いというのもひとしおなのかもしれません。